出会い系サイトに紳士がいた

出会い系サイトに紳士がいた

出会い系サイト、そんなものに登録することになるなんて正直夢にも思っていませんでした。あんなことがあるまでは。
そのあんなこととは、夫の不倫でした。巷でよく出る不倫という言葉。まさか私の旦那がそんなことをするなんて夢にも思っていませんでした。たまたま見てしまった不倫相手からのライン。飲みに行くと、遅くなった前の週末。飲みの相手は私も知っている会社の同僚さんだと思っていたのに、全然知らない女と飲みに行っていたのです。

かまをかけて旦那に言うと、旦那はあっさりと認めました。
私の理性は崩れ、もう旦那を大事な人と思えなくなったのです。

出会い系はサイトは、ママ友がやっていたのを知っていて、私はすぐに登録しました。とりあえず旦那に対して腹が立ちすぎて、同じことをしてやるとしか考えが思い付かなかったのです。浅はかな考えだとは思います。でもそれだけ私はおかしくなっていたのです。

登録すると、すぐにメールがたくさんきました。下ネタばかりのメールから、結構真面目なメールまで。もちろん下ネタばかりのメールは相手にせず、比較的真面目なそうな方を選んで、メールを返しました。
相手は自称、お医者さんでした。本当かどうかは分かりませんが、お医者さんと知り合うことなどあまりなく、私には少し魅力的に感じたのです。

なぜ出会いサイトに手を出したのかをメールで話しました。相手はとても私の気持ちを理解してくれて、慰めてくれたのです。話せば話すほど、私の心はこのお医者さんに引かれていきました。
お医者さんから実際に会おうと言われても嫌な気はせず、私も会いたいと思うようになっていました。
そしてついに会う約束を交わしたのです。

どんな男が来るのか不安すぎて、正直会おうとしたことを後悔しましたが、実際に来た男性は見た目本当に紳士な方でした。そして見た目が紳士なだけではなく、中身も紳士だったのです。とてもお洒落なワインバーに連れていってもらったのですが、美味しいワインをセレクトしてくれ、私の酔い加減も気にかけてくれていました。私を酔わして何かしようという下心がまるでなかったのです。

職業は本当に医者で、バツイチの方でした。結婚相手というよりは、楽しく会える方を探しているようでした。
とても楽しく話でき、その日は普通にお別れしました。

でも私がまた会いたいと思うようになり、また会いたいと私から連絡しました。
相手も私を気に入ってくれていて、また別のワインバーに行くことになりました。
その日もとても楽しく幸せに過ごせました。その日はもう流れに身を任せました。その紳士に身を寄せ、なるようになれと思っていました。

そのままその紳士に肩を抱かれながら、ホテルへ行きました。抗うことはなかったです。逆に、「本当にいいの?」と声をかけてくれたのです。ただヤりたいとかではなく、私をずっと気にかけてくれていました。
セックス中も私が痛がっていないかとか、嫌な思いをしていないかとか、常に気をかけてくれ、これほど優しい男性は初めてだと思ったくらいだったのです。
私は完全にこの紳士に恋に落ちていました。
もう旦那など、気にも留めていなかったのです。
それ以来、私たちの関係は続いています。
セックスすることもあれば、せずに、ただお酒を楽しむこともあります。二人でいることがとても幸せだったのです。

もちろん家庭を捨てて、など考えていません。それは相手も理解してくれています。逆にそれくらいの関係がいいようでした。
旦那を気にせず、いつまでもこの方と恋人のように過ごしていきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です