授乳中なのに出会い系で出会ってしまった

授乳中なのに出会い系で出会ってしまった

妊娠中から私のことを「ママ」と呼び出し、おなかの子どもにいとおしそうに話しかける夫を、私はいいパパになってくれそうだととてもうれしく思っていたんです。

でも、あまりに私の体を気遣い、セックスなどもってのほか、と一切私の体を求めなくなったときにはすごく不安でした。

そして私の予感は的中、産後も、まだ本調子じゃないでしょと1年間私に触れそうとしなかったんです。
そりゃ、授乳やら赤ちゃんに合わせた不規則な慣れない生活に疲労困憊だったことは認めます。
でも夫はかなりの育メンで私の体を気遣ってできることすべてをやってくれていたおかげで私はゆっくりと睡眠をとることもでき、産後の回復も人に比べて早かったんです。それと同時に、性欲も復活しており、約2年もご無沙汰なことに、不満を感じ募らせていました。

でも夫はまだやめておこうねとや差しく私を拒絶し続けたんです。
授乳中の私の胸だと母乳があふれ出してしまい、一度誘いをかけたときに、それを見て、気持ちがなえてしまったんだと思います。

私としてはもう女として見てもらえない、もしかしたら経産婦の私とはもうできないと思っているのかなと悲しくなりました。

もう限界でした。
おかしくなりそうな気持を抱え続けた結果、出会い系サイトで、産後間もない授乳中のママでもよかったら、と出会いを求めてしまったんです。

おかしいですよね、本当にどうかしていました。
久しぶりに短大の友達が仕事の途中でこっちに寄ってくれるんだと細かい嘘の事情を伝えてまで実家に子どもを預け、たくさん来たメールの中で一番顔が好きだった男性を待ち合わせたんです。

その男性は、おっぱいが大好きで、私みたいに授乳中で母乳が出ても全く問題ない、むしろ一度経験してみたかったと言ってくれました。

私、スタイルには結構自信があって、産後も胸以外はすっきりとほぼ元通り、もともとEカップの胸は今、パンパンに膨らんで、すごい状態でした。
目的はただ一つので、すぐにホテルに向かいました。

夫以外の男性と寝るのは、結婚前以来、すごく照れましたが、割とすんなりできたのは、彼がとてもセクシーで雰囲気作りがうまかったからでした。
胸を揉まれると、じゅわっと母乳がしみだしてきて、それを彼はおそるおそる口に含み、甘いね、と照れくさそうに笑っていました。

これが夫ならどんなにかよかったと、目を閉じて、夫にされていることを思い浮かべました。
ホテルのシーツを母乳で濡らしながら、久しぶりにしたセックスは妊娠前よりも感度が増しており、特に後ろから挿入された時に、ひとつきでイってしまうほどに感じていました。

男性の方も、経産婦とのセックスとは思えない締まりの良さだよと褒めてくれて、「これなら、やってしまいさえすれば、きっとまた復活してくれるよ、早く旦那さんともレス解消されたらいいのにね」と言ってくれたんです。
自信を取り戻せたことで、私ももっと大胆に夫に迫ることができて、その後、夫ともレスは解消され、二人目作るために今は結構な頻度でするまでに解決しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です